<< (解決いたしました。)お伺いを立ててみた//
【TTF】言い訳的解説などをば。 >>
無意味なこだわり。
2015-07-05 04:15:02  | コメント(3)
こんばんは。
もう「おはようございます」と書いた方がよさそうな時間ですが……。
梅雨とはいえ、地域によっては雨続きでとても大変そうですね。 
天候ばかりは如何ともし難いですが、大きな被害が出ないことを祈るばかりです。


話変わり、まず本題。

5月のブログで募集いたしましたお題(師弟による武術の訓練・中華風)絵、描きました。
というか、描いて放置していたのを投げ込みました。

武術(?)稽古

いやもう、この2ヶ月なにしていたのかというていたらくぶりで……。
お題募集してまで描いている割に、まったくいつもと変わらん絵描いてるし。 もうやぁね。
1日30分~1時間×20日くらいかけてしこしこ描いていたのですが、時間をかけ過ぎて飽き……というか
終わりが見えなくなってしまい、もう中途半端でいいや!と、募集から丁度2ヶ月目になる本日投稿に踏み切った次第です。
このお題は、またいずれ再挑戦致したいと思います。
……って、結局いつも通りの絵を描くだけな気がしますけれど。

今回描く時にこだわった?、というか意識し(過ぎ)て自滅した点。

①弟子の得物を握る手。 突くなら左手が前にくるだろうけれど、横(左→右)に薙ぐ場合なら右手が前でいいよね。
②得物、大きく振りぬいた方がアクロバティックでかっこいい(?)けれど、大きい動作をすると次の動きがそれだけ遅れる=師匠にヤラれるよねー……。

等々。
無意味に現実性を考えてみたりしたのですが、絵としては(非現実的に)大きな動きをさせた方が見栄えするのだろうとは
思いましたが、却下。
最初は師匠を弟子の得物の刃の上に着地させてみたりしていたのですが、それもナイだろうと思い、この距離感に。
現実性を問うならば、師匠のこの跳躍もありえるのか?と思いましたが、まあ、これ位は許されるかな……と。
絵の人物にさせる動きって、自分が想像し得る、または自分で実際に試せる範囲の動作しか描けません。
この絵を描くにあたり、モップを振り回していたら愛犬愛猫が逃げました。 そんなに危険を感じたのだろうか……。


「こういう絵を描きたい」というこだわり。 
恐らく絵を描く方は、程度の差はあれ皆様なにかしらのこだわりをお持ちなのだろうと思います。
こだわる点はひとつとは限らないと思いますが、どうしても一点だけ挙げろと言われたら
私の場合「見飽きない絵」を描きたいな……と思っています。
詳細に描き込まず、見る方の想像力で補完されるような、空想の余地のある絵……といいましょうか。
(↑だから背景を描かない、とかは言いません。 描く根気がないだけデス。 でも無地の背景好きです。)
単なる手抜きじゃん!と言われそうですが(いや、事実手抜きをしたいということもありますが。)、想像の余地のある絵って
見る方によって、見る時によって、十通りにも百通りにも変化の余地がある……などと思っているのですが
それは描き手の単なる甘え、というか怠惰でしょうか……。
とは言いつつ、すごく細かく隅々まで描き込まれているイラストを見るのも好きなのですけれど!!
どこまで描き込み、どこからを端折るか、加減の問題ですよね、結局。 
端折るのもとてもセンスが必要だと思います。 というより、端折る方がよりセンスを求められると思っています。
で。 自分が現在そういう絵を描けるようになっているか?と問われたら、うーん、単なる手抜き絵しか描けていないという
辛く厳しい現実に直面するのでした。 センスなんて持ってないし!



そういえば、この夏でみてみんさんに登録してまる6年になることに気が付きました。 
7年目に突入とか、私って結構古株なのかしら?と思いましたが、出没率があまり高くないので
最近新しく登録されている方のほうが余程この場を活用されているのだろうと思います。
これまで幾度か退会しようと思いましたが、なんだかんだで思い止まり、ずるずるとここまで籍を置き続けて来たので
おそらくこれからも隅っこに棲息させて頂くと思います。(システムが嫌な方向に変わったら迷わず退会しますけれど!)
ご縁のある方ない方様々ですが、たまに出没した際には見守って頂けると幸いです。


それでは、乱文にて失礼を致しました。
本日日曜日。
お休みの方は良い休日を。
お仕事の方はお身体を大切に頑張って下さい。


●品さま

品さん、こんばんはー。
夜分の稽古見学ありがとうございます!
弟子、頑張ってます。
師匠は、誠実……かは甚だ怪しいですが、弟子に甘い顔は一寸も見せないでしょう。
そして、品さん鋭いです。 小姐は弟子に確実に飛刃を投げていると思われます。 一番容赦ないのは小姐です、きっと。

創作に対しての姿勢。
いえいえ、私はかなりちゃらんぽらんですよ! 「真摯」という言葉からは程遠いです!!
その証左に、どの絵も陰影の付け方めちゃくちゃですし、都合良く人物配置(こんな位置関係ありえんやろ!みたいな……)してますし、(現実で)こんな体勢あり得ない、というのも多いですから。 とにかく詰めが甘いんです。
あ、書き出してたら本当に問題点多かった……;
もっととことん突き詰めて描ければ良いのですが、それにはまだまだ研究と修練(と根性)が必要だと痛感しております。

品さんの描かれるイラストは、拝見していて違和感を感じないので、かなり真実に即して描かれているのだと思います。 
誰も描いたことのない未確認生命体を描くのでない限り、何かしら自分の記憶の中にある形を描き出していると思いますから、普段から(もしくは実際にイラストを描かれる時に)対象をよく観察されているのだと感じています。 
観察眼は絵を描く上では欠かせない要素だと思いますので、それをお持ちだということは、とても羨ましいことです。
現実性を重視して描くにも想像力に依って描くにも、イメージを表現できるだけの技術は必須ですよね。
描くことを楽しみつつ、且つ、技術向上出来れば一番なんですけれどね!

品さんも、かなりの古参になられますねー。
古参同士、引き続き仲良くしてやって下さいね♡
おっかけ(←)として、これからも品さんのイラスト、楽しみにしています!!

雨続く季節ですが、僅かな楽しみが身近にあれば、室内で過ごす時間も楽しいものに変わりますよね。
品さんにも、ほっとひと息つけるお時間が、少しでも多くありますように。

コメントありがとうございました!(長い返信ですみません;)
投稿者:おうち 穂里  [ 2015-07-08 00:02:54 ]


返信遅くなり申し訳ありませんー!

●てん様

こんばんは!
労いの言葉ありがとうございます。
せっかく楽しいお題を頂きましたのに、なんだかいつもと変わらない絵しか描けなくてお恥ずかしい限りです。
師匠の脚、一番に決めた部位(?)なのでお気に召して頂けて嬉しいです!
仕上げは、中途半端なんです。(いつものことと言えばいつものことなのですが!) もう少し塗り込むつもりで寝かせていたのですが、行き着く先が見えなくなって諦めちゃいました;;
小姐は、今度機会があれば(←作れよ!って話ですが;)描きたいと思います。 女の子好きです♡

日進月歩に進めるわけではないですが、目標に向かい精進します!

てん様もお身体を大切に、暑い季節を乗り越えて下さいね!
コメントありがとうございました。
投稿者:おうち 穂里  [ 2015-07-07 23:10:54 ]


こんばんは。

夜分稽古見学に御邪魔致しました。
お弟子さんのきめようという意志ははっきりと見て取れるのですが、
紛れ幸いでは入れさせない、厳しくも誠実なお師匠様でしたね。
先頃御投稿の絵からはまだまだ稽古序盤、薫風の色が感じられました。
彼は今後、師匠の打撃、小姐の刃を受けつつ、
死に物狂いの修行に明け暮れてくれそうです(想像)
私もおうちさんの描かれる人物の、
何と言ってもそのしなやかな肢体に美しさを感じております。

おうちさんは創作という行為に対して、とても真摯でいらっしゃいます……。
描き出すにあたってのその姿勢を知り、敬服せずにはいられません。
私が何らか悩んだ場合、
描こうとしている対象の持つ現実性よりも、
きっとその場限りの身勝手な自己感覚の方に舵を委ねてしまっています。
中途半端だと思いつつ投げる絵。それはもう、ほぼ全て。
お考えを伺ったことで、まず我が身を省みてしまいました。
真実に即するにも、空想に魅せるにも、技術と才能は必要ですね。
嗚呼、これは姿勢を正さねばと目の覚める記事でした。

年度変わり、依頼、イラスト企画など新規の方で賑わっているこの頃のようです。
然様に感じる私もまた古参なのか、などと、おうちさんに同じくぼうっと考えていたところでした。

システム改悪はよろしくありませんね。何よりも心安く居られるのが一番かと思います。

今後も、数えきれない皆様の背中越しに、
おうちさんのその無二の御手元を拝見させて頂けたら私も幸せです。

続く雨催い、好い憂さ晴らしがお側にありますよう、小さく願っております。
投稿者:  [ 2015-07-06 01:35:30 ]