自分の描き癖 >>
思い悩んだ挙句に再投稿。
2013-08-24 17:42:18  | コメント(3)
ほとんどが初めての方達ばかりだと思いますので、はじめまして。 おうち穂里と申します。

みてみんさんに生息するようになって、ふと気が付くと5度目の夏が巡って来ておりました。
月日の経つのは本当に早いものです。 ……の割に、夏が過ぎゆき秋が訪れるのは遅いですけれど。
まあ、もうしばらくは耐え忍ぶしかないのでしょうけれど、やはり一日も早く、昼も夜も涼やかな秋になって欲しいものです。

さて、前置きが長くなりましたが本題。

基本、みてみんさんには小説の挿絵しか置かないと心に決め、それ以外の落描きは絶海の孤島のようなHPに
飾る……というか、放置して住み分けをさせていたのですが、昨日久方ぶりに会った友人達が

「投稿サイトとHPに別ける意味あるんか?」
「誰も見に来んHPにほっぽっといて何が愉しいん?」
「何の為に投稿サイトに登録してんのか意味ないやんけ」

と、声を揃えて「アホか、アホか、アホか」と言われたので、むむぅ、世の中的にはそういう風に考えるのが
一般的なんだろうか……と思い悩んだ末に、過去、一時期みてみんさんに置かせて頂いていた作品と
比較的最近の物(といっても去年)をまとめてUpさせて頂きました。

i83194i83199
 
中には「なーんだ、あの絵か」と思う、古参の方もいらっしゃるかもしれませんが、温かい目で見守ってやって下さい。
お目汚しになるかもしれませんが、また少ししたら、ちょこちょこと過去作品を追加させて頂くかもしれません。

末尾になりましたが、残暑厳しい折、皆さまどうぞご自愛下さい。
しかし、しばらく使わなかったらブログの書き方ひとつから忘れていました。 私の脳味噌スポンジ状態かも。



 ● 品様

こちらでは「はじめまして」ですね。おうち穂里と申します。
お言葉に甘えて早速、品さんと呼ばせて頂きます。

まさか品さんがわざわざ私のブログに訪れて下さった上にコメントを残して下さっているとは思いもしませんでしたので、気付いた時は、まさに欣喜雀躍の心持でした。 
未だに動悸が収まりません。ふぅー。心臓よ早く落ち着け~!

私の落描きへの過分とも思えるお言葉、とても面映ゆいものでしたが、「活き活きとしてる」と言って頂けたことが何よりも心の励みになりました。
そのお言葉に調子に乗って、ついついまた絵をUpしたくなってしまったりして……。
絶海の孤島のHPは開店休業状態でご案内出来るようなシロモノではありませんが、いつかご招待出来たらよいな……と、思っております。

アドバイスもありがとうございました。
そうですよね、そんなに思い悩む程の事でもないですよね。
もっとどーんと気楽に構えて、みてみんを活用していれば、どこでどんな新しい縁が生まれるかわからないですからね。
今回こうして品さんとの縁が結べたことも、そうした行動の延長線上にあるんですものね。 縁は何処に落ちていて、何処で拾うかわからないもの。
なにごとも、きっかけは行動あったればこそ、ですね。 

最後に。
改めましてコメントありがとうございました。
私も、これからも品さんを力一杯応援しておりますので、またどこかで言葉を交わす機会がございましたら、その時は、どうぞよろしくお願いいたします。(←「何を?」とは聞かないで下さい。)




   ------------------




 ● 猫乃鈴様

こんばんはー!
大変ご無沙汰をしておりましたのに、拙者のことを
覚えておいて頂けたとは、感無量であります。
私ってなんて幸せ者~♪と思ってしまいました。

みてみんに出戻りを始めた頃から、猫乃さんのイラストは貪る様に拝見いたしております。 いつ見ても安定した、猫乃さん独自の魅力が麻薬のように目を惹きつけるんですよね。 
(ちょっと以前のものでは「金猫」さんが妙にツボにはまってしまいました。)

そうか、みてみんでも「非公開」という設定がありましたねー。←使用方法を熟読していないダメな利用者の代表。
閑古鳥の巣と化しているHPを閉鎖しない限り、なんだかんだで住み分けは続くのだと思いますが、同じ絵を二か所に置いたからといって問題があるわけでもないでしょうから、これからはみてみんももっと活用していこうかと思います。

私も、猫乃さんのイラスト、小説共に、アップされるのを楽しみに待っています。
お互い無理せず楽しみながら、いつまでも創作を続けられるといいですね。
心ゆくまで創作を楽しむためにも、早く活動し易い爽やかな秋(の休日)が訪れてくれることを待つばかりですね。
 
最後に改めて、コメントありがとうございました!
投稿者:おうち 穂里  [ 2013-08-27 01:58:28 ]


お久しぶりです。
覚えていただけてます……でしょうか。猫乃鈴と申します。
以前もおうちさんの絵や文を拝見していた私としましては、
最近、またおうちさんのお名前を目にできて嬉しく思っております。
過去の絵もまたアップしていただけるということで、楽しみにしています^^

私はみてみんでしか活動してなく、挿絵ではない絵も投稿してしまっていますが、
みてみんでも非公開という方法で見られないようにしている絵もありますし、
住み分けという考えもありかなぁとは思うのですが。
みてみんユーザーとしては、おうちさんが一杯みてみんを活用してくださると、
すぐにおうちさんの絵が拝見できるのでとっても嬉しいです><

おうちさんはみてみん5年生でしたか。本当に早いものですね!
絵と文と、これからもおうちさん創作がアップされるのを
密かに楽しみにいつまでもお待ちしております。
おうちさんもどうぞご自愛くださいませ。
投稿者:猫乃 鈴  [ 2013-08-25 23:38:37 ]


先程は得難いご縁を結んでいただきました。
おうち様、はじめまして、品と申します。

望外の幸いに、今も静かな喜びが胸にあふれんばかりです。
ブログまでお邪魔を致しまして、不躾とは存じますが、
心の励みを真にありがとうございました。益々筆が捗って参りました。

さて、恐れながら私の方からもおうち様の作品、早速拝見させていただきました。
私の画にはない、凛とした佇まいに、
「壮麗」という言葉が最も相応しいのではないかと存じました。
男性に女性、動物に妖怪、どれをとっても活き活きとしており、大変素敵です。
ご迷惑でなければ、何処かにある、おうち様のサイトへと身を翻して参上したい程でした。

ところで、今回の投稿には大変な苦慮をされていらっしゃたようですね。
しかし、私もおうち様のご友人同様、そのように思い悩まれずともよいのではと存じました。
このように魅力的な作品なのですもの、
その胸に畳んでおられるだけでは、何だか寂しく、勿体無いと存じました。
表に出されれば、きっとどの作品にもよい結果が付き従う事と拝察致します。
私もまた、軽い気持ちでの投稿からこうしておうち様に御逢いできたのですから、
是非是非、よき機会を逃されぬよう、人事を尽くされるべきです。

それではまた、おうち様の作品を拝見できる日を心待ちにしつつ、
過ぎる夏を見送り、来る秋を迎えることと致しましょう。

最後に改めまして、おうち様には心からの感謝と応援を。

追伸)
新参者の私から拝見したおうち様は創作の先輩でみえます、
今後はどうぞ敬称敬語のお気遣いは抜きで、お気軽にご意見をくださいませ。
先日は嬉しくも、普段呼ばれ慣れぬ音に大変面映ゆい思いが致しました。

投稿者:  [ 2013-08-25 20:34:04 ]